住宅にまつわるあれこれ

窓の設置のときに気をつけること

はじめてのお家づくり…

やらなければいけないことも多くて、うっかり見落としてしまうポイントも
多々出てくることかと思います。

その中でも間取りを考える上で気にしてほしいことがあります。

それは何かと言うと……

ずばり、「窓の位置」!

新築住宅を建てるときに、意外と失敗しやすいのが、窓の位置なのです。

窓の設置を間違えてしまうと、光や風を室内に取り込めなくて快適に過ごすことができなくなってしまいます。


まず大切なのは窓の配置です。
部屋に窓を設置するときには、室内に家具を入れたときの情景を想像することが大切です。
どれだけ大きな窓を設置したとしても、家具で塞がってしまっては意味がありません。
まずは、どんな家具をどこに配置するかを決めることが大切です。


また、光を取り入れようと窓を多く設置することも避けたほうがいいでしょう。
その理由は、窓が多すぎると外の温度の影響をダイレクトに受けやすくなってしまいます。
窓を設置するときには、数が多すぎないようにすることが大切です。


また、窓の種類には滑り出し窓があります。風を室内に取り込みやすいので便利なのですが、位置によっては通行人の邪魔になってしまうこともあります。
道路がすぐ近くにある場所の場合は、つけた後の影響を考えることが大切です。


そして、地域によっては結露が発生する場合があるので注意が必要です。結露というのは、屋外の冷たい空気によって窓が冷やされ、その冷やされた窓に暖かな空気が触れたことにより、水滴が生じるのです。
ペアガラスのように複数のガラスが重なっているタイプや、樹脂製のサッシを利用するなどの対策をすることが必要です。
住んでいる地域の気候にあわせて選ぶことも大切ということですね。


窓の設置で失敗しないためには、実際に暮らしたときをイメージするといいでしょう。イメージがつかみづらいというときには、モデルハウスなどに行くとわかりやすくなります。


ですが、窓の設置は素人では難しいこともあります。
失敗しないためには、ハウスメーカーなどとよく話し合うことが大切です。

ハウスメーカーや工務店では様々な住宅を手掛けているため、住宅のデザインを伝えることで的確な位置を教えてくれるので、早い段階から相談しておくようにするといいでしょう。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 住宅にまつわるあれこれ

テーマの著者 Anders Norén