住宅にまつわるあれこれ

玄関の選び方が大切です

住宅を建てるときには、
間取りや設備を気にする人が多いと思いますが、
実は玄関の選び方も大切です。

玄関はまさに家の顔となる場所です。
選ぶときには、様々な視点から判断することが大切です。


まず、玄関ポーチ選びが大切です。
玄関ポーチというのは、玄関の入り口にあたるスペースで、
ここが狭いとかなり使いづらい印象になってしまいます。


また、道路からのアプローチを考えた設計にしなくては、
後で出入りに苦労することになります。
さらに、玄関に屋根を付けると、
天候が悪くなっても安心ですし、
直射日光を避けることができます。

そして、北海道や東北などの豪雪地帯では、
玄関フードの設置も必要です。
玄関フードとは、玄関の周囲をガラスで囲う方法で、
玄関が凍結することを防いだり、
雪や雨による玄関の劣化を防ぐこともできます。

また、玄関の収納を考えるときには、
家族構成について考えることが必要です。
たとえば、現在は夫婦二人暮らしであったとしても、
子供ができたり、両親と同居したりなど
家族構成が変わってくることがあります。


収納スペースが少ないと、後で後悔するかもしれません。
また、玄関には乳母車やスキー用品など、
靴以外を収納することも考えられます。
また、暗くなってから帰宅すると、
電気のスイッチを探すことが困難になってしまうことがあります。
玄関のスイッチは、玄関ドアの周辺にすると点けやすくなります。


そして、玄関を作るときに注意したいのが、セキュリティです。
鍵はもちろんのこと、ドアスコープや郵便受けなどの
設置には注意が必要です。
監視カメラや人感センサーを取り付けることで
防犯性を高めることができます。


また、玄関を設置するときには掃除がしやすいかどうかも重要です。
タイルにはできるだけ掃除しやすい材質を選んでおくと、
雨の日に汚れたとしても綺麗にしやすいですし、
奥行きがいい玄関にすることで、
開放感のある広々とした印象を相手に与えることができます。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 住宅にまつわるあれこれ

テーマの著者 Anders Norén