住宅にまつわるあれこれ

注文住宅は目立つのに、リーズナブル

注文住宅の魅力はさまざまですが、やはり自分の好きなように家を設計できることが一番の魅力、ではないでしょうか。

たとえば、家族が3人なら、それに見合った部屋の数で家を設計できます。

そして、節約したいところと、こだわりたいところを分けることによって、予算内に収めることができるのです。

あ、注文住宅メーカーは重要ですよ。

注文住宅メーカーが親切だったら、いろいろなことを教えてくれます。

注文住宅メーカーはこちらの事情を考えて家を設計してくれる人を選びたいものです。特に注文住宅の価格を安くするには、どうしても注文住宅メーカーさんと話し合わなければなりません。「この窓ならこの価格になります」のように具体的に細かく見積もりを出してくれる注文住宅メーカーが良いです。

また、そもそも論ですが、

なぜ、注文住宅を建てるのかを考えるのも重要です。

注文住宅を建てる理由をきちんと理解した上で建てることが求められます。

注文住宅メーカーがきちんとしていれば、大工さんもきちんとしていることが多いです。大工さんも重要です。

たとえば、床がきちんと水平になっているかとか重要です。ドアがきちんと一年中閉まるかも重要です。このように大工さんによって家の不具合が減るのです。入り組んだ部屋をたくさんつくることは、大工さんを悩ますことになります。できれば、部屋と部屋との連結が単純な構造の家をつくることがいいです。そうすると、大工さんが悩まず、スムーズに注文住宅をつくることができます。(逆に、腕の見せ所!とはりきってくれる職人さんも中にはいらっしゃるでしょうが)

そして、大工さんに、差し入れも忘れないようにしましょう。コンビニのお茶程度のものでも、大工さんは喜んでくれます。

そして、カメラにつくっている最中の家を写真に撮っておくのです。そうすることで、大工さんもきちんとつくらないといけないなとなるのです。

高齢になっても長く住むのが予想できるのなら、階段やトイレに手すりをつけておくのがいいでしょう。

また、忘れてはいけないのが、ご近所さんへの挨拶。家が完成してから、近隣の住宅の人に挨拶は必ずしておきたいです。あとで、トラブルにならないように、近所のお菓子屋のお菓子を用意して渡すのがいいです。

そうしてこれから、注文住宅での新しい生活がはじまります。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 住宅にまつわるあれこれ

テーマの著者 Anders Norén