住宅にまつわるあれこれ

慎重に選びたい!注文住宅会社

注文住宅の家づくりで成功し、後悔しないために最も慎重にならなければならないのが住宅会社選びです。

もし業者選びで失敗すると、家づくりが負担になってしまい、後悔だけが残るようなことになってしまうかもしれません。

そうならないためにも、住宅会社選びは必ず複数の業者に話を持ち掛け、相手の対応や提案すること・技術力などをしっかりと見極めるようにしましょう。

その業者選びですが、まず第一段階としてハウスメーカーにするのか、それとも工務店にするのか、という選択肢があります。

安定のハウスメーカーは信頼度は高いですが、自由度はやや低くなる傾向があります。基本的なモデルがありそれに少し意見を加えることができることで、注文住宅のようにしますが、業者によっては設備などもあまり選べなかったりすることがあります。

工務店の場合には、自由度がありますが、本当に信頼できないと、ややこしいことになりがちです。それでこちらの目線で検討してくれるのか、業者のやりたいように誘導するような部分があるのか、そもそも人間性はどうなのか、率直でわかりやすいかなど、判断できるいくつかのことをチェックしてみるべきです。

業者もビジネスですので、契約を取りたいですし、そのためには聞こえの良いことを言うのは確かです。

契約をしてしまうと、あとは業者のペースで進んでしまうという傾向があるため、ある程度こちらがコントロールできるような信頼関係を築いていく必要があります。

また業者選びではメンテナンスも重要な部分になります。その業者が家を建てた後のメンテナンスに関してどのようなスタンスなのか、その部分もじっくりと聞く必要があるでしょう。家づくりは予算との闘いでもありますが、安い業者に飛びつくのではなく、本当に信頼できる住宅会社を選ぶようにしましょう。そしてこのような家を建てたい、その願いを叶えてくれそうなスキルを持つ業者を選ぶことができます。

住宅会社選びで成功すると、家づくりも恐らく納得できる素敵なものとなるでしょう。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 住宅にまつわるあれこれ

テーマの著者 Anders Norén