住宅にまつわるあれこれ

キッチンの選び方で失敗しない方法

お家づくりをするぞ!となった際に
色々とこだわりたい部分はあるかと思いますが、キッチンもそのうちの一つ。

今日はキッチンを選ぶときのポイントを考えていきましょう。

早速ですが、1つめのポイントとしては、
まず優先順位を決めることが大切です。

価格が安いのを重視するのか、
それともデザインや機能性をメインに考えたいのかを検討することで、
理想通りのキッチンが実現しやすくなります。

そして、キッチンを選ぶときには、
シンクや大きさを考えますが、それ以上に大事なのが
収納について考えることです。


収納が少なすぎても物が入りきらなくなってきますし、
逆に多すぎても持て余してしまって勿体ない…なんてことも。
どれぐらいの量を収納するかを最初に決めておくことが大切です。


そして、手入れがしやすいかどうかも大切です。
キッチンは、料理をした後には必ず後片付けをしなくてはいけません。
素材によっては汚れが落ちにくいものもあるので、
どんな素材が使用されているかもチェックしてみましょう。


大切なことは、ライフスタイルを考えてから決めることです。
小さな子供がいる場合は、リビングが見渡すことができるように
対面式のキッチンにする方が良いでしょうし、
夫や子供と一緒に料理をする機会が多いなら、
アイランドキッチンを採用すると作業しやすくなります。

悩むことといえばシンクの高さをあげる人もいるでしょう。
あまりにも高くては作業がしづらいですし、
だからといって低すぎると腰を痛めてしまいます。
キッチンの種類によっては、1cmもしくは1mm単位で
高さを設定できるものもあります。
ですが、カタログなどで選んだ場合、
同じサイズでも高さが微妙に違ってしまい、使いづらいと感じてしまいます。
キッチンを選ぶときには、実物を見て決めることが大切です。
ショールームに足を運び、実際に触れてみることも必要です。

ちなみに、ヒールなどがあると高さが違って感じられることもあります。
キッチンを見に行くときには、できるだけヒールのないタイプのものを
選ぶといいでしょう。
可能な場合は、実際にどのように使用するのか、
シュミレーションしてみることも大切です。


キッチンは家作りの大切な要となる場所でもあります。
慎重に選んで後悔のないようにしておきましょう。

京都のおすすめ住宅会社はこちら

前へ 投稿

© 2020 住宅にまつわるあれこれ

テーマの著者 Anders Norén