住宅にまつわるあれこれ

理想の住宅をつくるには、施主の関わりも重要

注文住宅をいざ建てよう!

でも、お家づくりって
どんな流れなんだろう…?

間取りはどうしたら良い?

キッチンはどれが良いの?

お風呂は?トイレは?

意外とわからないことだらけ、
ではありませんか?

そもそもどこの会社に頼んだら良いのか…

このブログでは、そんな疑問をもとに住宅にまつわる
アレコレをまとめていきたいと思います。

さて、そんな中でも気になるプランニング!

土地探しからなのか、もう土地を所有しているのか。

それぞれお家によってスタート地点は違うと思いますが、
土地が決まればいよいよ…?

そう、実際に間取りを決めていきます!

注文住宅では、
間取りから細かい仕様まで
設計担当者と打ち合わせを繰り返しながら
決定していくことになります。


まずは、間取りを決めることになりますが、
間取りの大まかな案は
希望条件を伝えるだけで
すぐに作成してもらうことができ、
ラフプランを参考にしながら
細かい修正をしていくことになります。
図面上で部屋の配置を見ても
実際に住み始めてからのイメージをしにくいですが、
細やかな設計担当者の場合には、
スケッチやパースなどを使って
丁寧に説明をしてもらうことが出来ます。

間取りのラフプランを作成する際には、
生活動線計画もきちんと
考えることが重要となります。
動線計画をきちんと考えておかないと、
実際に住み始めてから
不便を感じてしまうことになるでしょう。

プランニングと並行して、
住宅設備の仕様も決めていくことになりますが、
細かい希望条件等をあらかじめ決めておくことで、
スムーズに打ち合わせを
進めていくことが出来るでしょう。

システムキッチンやユニットバスには
基本仕様だけではなく、
有料のオプション機能などもたくさんあるので、
予算に応じてオプションを選ぶと便利です。

大まかな仕様を決めてきたあとは、
徐々に細かい部分の仕様を
決めていくことになります。
コンセントの位置やドアの仕様など
様々な項目を決定していくことになります。

設計段階での打ち合わせは
頻繁に繰り返されることになり、
とても大変な作業となりますが、
一つ一つ仕様を決めていく作業は
とても楽しいものとなるでしょう。

設計段階で決まったものは施工段階で
きちんと現場に反映されているかを
確認していくこともとても重要となります。
自分がイメージしていたものと違うものが
搬入されてしまうこともあるので、
早い段階で指摘をすれば、変更にも対応できることでしょう。

以上がおおまかな流れではありますが、

みなさん…、ここでお気づきでしょうか?

理想の注文住宅を完成させるためには、
プロの力もとても大事ですが、
依頼者である自分自身も設計や現場作業に
深くかかわっていくことがとても重要、
ということです。

しっかり考え抜いて選んだ
住宅会社さんを信用しつつ、
私たちも積極的に
お家づくりについて考えていきましょう♪

おすすめの住宅会社はコチラ!

おすすめのブログはコチラ!

工務店向け集客ノウハウ お家の見直ししま専科 住宅リフォーム総合情報 注文住宅のための用語集 新築一戸建てを建てる時に読むサイト 生命保険の口コミ.COM 健康に役立つ口コミ情報 美容と健康女性ランキング

© 2020 住宅にまつわるあれこれ

テーマの著者 Anders Norén